ダイエットキャッシングとは?借金をまとめて一本化!

複数の借入を“一本化”して、毎月の返済額を軽減しませんか?

ダイエットキャッシングとは?借金をまとめて一本化!

 

膨らんだ借入をまとめて、無理のない「借入のダイエット」をしませんか?

ダイエットキャッシングとは

ダイエットキャッシングの特徴は

 

・担保、保証人は原則不要
・WEB申し込みなら来店不要
⇒こちら
・融資額は100万円〜2,000万円

 

もしお悩みなら、まずは相談を!

 

ダイエットキャッシングの人気の秘密

ダイエットキャッシングは

 

・スピード審査で最短即日融資も可能
・パートやアルバイトの方でもOK
・担保や保証人が不要
・来店不要で全国どこからでもネット申し込み可能

 

なのが人気の理由です!!

おまとめローンのポイントは

おまとめローンのメリットは

 

毎月の返済額が軽減される

 

金利の負担が軽減される

 

返済日が毎月1回になる

 

段階的に残高が減少する

 

という点です。

ダイエットキャッシングは来店不要!

ダイエットキャッシングは、来店が不要です!

 

STEP1.まずはお申し込みフォームに入力

STEP2.情報を元に受付、審査

STEP3.ご契約完了

STEP4.完了後に振り込み融資

 

ダイエットキャッシングのよくある質問

申込みしてから、いつごろ融資してもらえるのか?

ダイエットキャッシングの審査基準で、早ければ即日実行も可能です。

 

どのような書類が必要なのか?

必要書類は基本的に利用者によって若干違ってくるため、その都度担当者へご相談をしましょう。

 

遠方からの申込みは大丈夫か?

ダイエットキャッシングは日本全国対応しています。

 

返済方法は?

契約日前に利用者の希望の約定日(返済日)を決めます。
カード等は発行していない為、銀行振込か口座引き落としになります。

 

ダイエットキャッシングは返済のみで追加の貸付には対応していません!

 

令和カード「貸金業法に基づくおまとめローン」商品内容

ダイエットキャッシングについて

・融資条件
満20歳〜70歳までの方

 

・融資金額
100万円〜2000万円

 

・年率
7.3%〜15.0%

 

・返済期間
30年以内、360回以内(1ヶ月単位)

 

・返済方法
元利均等返済

 

・担保、保証人
不要

 

必要書類
免許証、保険証、所得証明

 

・延滞損害金
20.0%(年率)

 

借換対象となる債務の金利(貸金業法完全施行前(H22.6.17以前)に契約をしたもの)が、利息制限法を上回っていた場合は、旧貸金業規制法第43条(みなし弁済)が適用される場合を除いて、上回っている部分の支払利息が元金に充当、又は返還されるケースがあります。
詳しくは、ご自身で最寄りの弁護士等にご相談ください。

 

貸金業者から複数ローンをお借入中の方」、「総量規制における年収の1/3を超えるお借入がある方」に最適な返済プランを提案します。

 

※借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限ります。
(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外)
本商品は、施行規則第10条の23第1項第1号の2の要件を満たした商品です。

ダイエットキャッシングの会社情報

令和カード株式会社
東京都知事(5)第30570号
日本貸金業協会会員第002055号
東京都台東区台東4丁目6番5号2階
TEL:03-5812-4666
代表取締役:木村裕介
メールアドレス:info@reiwaomatome.com

 

その他

カードローン

 

カードローンもリボ払いの一種です。手っ取り早くクレジットを始められる方法ですが、計画性とフォローが必要です。

 

銀行からの融資に代わる手っ取り早い方法として、カードローンの利用を検討されるかもしれませんが、支出や債務者の行動には十分な注意を払う必要があります。
これらのローンは通常、無金利ですが、注意して使用する必要があります。

 

カードローンの長所
短期間での創業融資に利用できる(審査不要)
銀行融資よりも手軽に借りられる
通常、低金利(2〜3%がほとんど)。
カードローンの返済に利用できる

 

カードローンの短所
カードローンの返済に利用される可能性がある

 

クレジットカード
クレジットカードは、カードに残高を持たせて買い物をすることができ、住宅購入に利用することができます。
このカードは一般的にクレジットカードと呼ばれ、以前からあるものです。

 

おまとめローン
おまとめローンは、クレジットスコアが低く、以前にクレジットの利用経験が少ない消費者のみが利用できます。
まだホームエクイティラインをお持ちでない方は、必ずおまとめローンを申し込んでください。
おまとめローンは、金利が高すぎる場合や、クレジットスコアが高くない場合に利用すると良い商品です。
おまとめローンを受けた消費者の多くは満足しており、早く完済することができています。

 

おまとめローンの長所と短所

 

おまとめローンを組むと、いくつかのメリットがあります。
まず、新しいローンでさらに良い金利を受けることができるようになることです。
第二に、それはあなたの借金のレベルを下げ、あなたが時間をかけて支払わなければならない利息の額を減らすことができます。
第三に、それはあなたがより迅速にあなたの返済義務を満たし、それがあなたのローンを完済するためにかかる時間を短縮することができます。

 

また、借金を一本化することで、以下のような短所もあります。
あなたがクレジットの固定金利の確定期間ローンを持っていない場合、それは統合する良いアイデアではありません。

キャッシングの利用を検討する際には、メリットとデメリットを考慮することが重要です。

 

キャッシングには、利用限度額の範囲内で何度でも借りられるというメリットがあります。その一方で、必要以上に借りてしまうリスクや、不正利用のリスクには注意しなければなりません。

 

キャッシングとは、コンビニエンスストアなどのATMでお金を借りることができるサービスです。契約時に設定した限度額の範囲内で自由にお金を借りることができるため、急な出費があった場合などに利用できます。一般的に、キャッシングサービスには、カードローンとクレジットカードに付帯するキャッシング機能の2種類があります。借りられる金額は数万円から数百万円程度で、利用目的に応じて自由に使うことができます。金利は比較的高めなので、長期的な借り入れよりも短期的な利用がメインとなる。毎月一定額を返済していけば、利用限度額の範囲内であれば何度でも利用することができます。

 

借入方法は様々で、発行されたカードを使ってATMから借入を行うほか、電話やWEB、アプリで借入を依頼し、直接銀行口座に入金してもらうことも可能です。すぐにお金を使う予定がなくても、いざという時のために事前に申し込んでおくと便利です。

 

キャッシングのメリット
キャッシングサービスを利用することには、多くのメリットがあります。そのいくつかを紹介します。" 無担保・無保証人での融資」「即日融資」「何度でも借りられる」などが挙げられます。それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

担保や保証人を用意する必要がない
ほとんどのキャッシングは無担保・無保証人です。つまり、お金を借りるために担保を差し入れたり、保証人を立てたりする必要がないのです。無担保・無保証人である理由は、審査の際に申込者の年収や過去に滞納がなかったかどうかなどがチェックされるからです。貸金業法に基づき指定信用情報機関に登録された信用情報をもとに融資を行うため、担保や保証人は必要ない。そのため、不動産などの資産がない場合でも利用することができ、多くの人が申し込むことができるサービスです。

 

最短で当日中に融資が受けられる
マイカーローンや住宅ローンなどのローン契約は、一般的に審査に必要な書類が多いため、実際にお金を借りるまでに一定の時間が必要です。しかし、キャッシングの場合、サービスによっては最短で当日中にお金を借りることが可能です。これは、キャッシングの方が手続きが少なく、審査もスピーディーだからです。急な出費があっても、利用限度額の範囲内であればすぐにお金を借りることができます。

 

キャッシングをスムーズに行うためには、提出する書類に不備がないかを確認しましょう。書類に漏れや不備があると、再度送付する必要があり、審査に時間がかかってしまいます。スムーズな借り入れを行うためにも、提出する書類には不備がないようにしましょう。

 

何度でも借り入れできる
キャッシングは、あらかじめ決められた限度額の範囲内であれば、何度でも借りることができます。借入額が多くなっても、毎月の返済をきちんと行っていれば、新たに借入することが可能です。返済実績があれば、信用度が上がり、限度額を増やせる可能性もあります。また、年収が増えたときや、他社への返済が完了したときにも、利用限度額を見直すとよいでしょう。定期的に利用限度額を確認することで、借りすぎを防ぎ、継続的にクレジットを利用することができます。

 

キャッシングのデメリット
キャッシングのデメリット
キャッシングは、利用限度額の範囲内で好きなだけ借りられる反面、必要以上に借りてしまうリスクがあります。借入額が増えれば将来的な返済の負担も大きくなるため、キャッシングを利用する前にしっかりと計画を立てることが必要です。また、現在の収入と支出のバランスを考え、いくらまでなら返済可能かをシミュレーションしておくことも大切です。キャッシングサービスを提供している会社の公式サイトには、返済シミュレーション機能がついているところもあるので、簡単に返済額を計算することができます。

 

キャッシングはカードを使ってコンビニのATMから簡単にお金を借りられるので、自分の銀行口座からお金を引き出しているような感覚になるかもしれません。たとえ日常的に使うものであっても、お金を借りていることを忘れないようにしましょう。

 

キャッシングはどんな時に使うのが適している?
キャッシングはどのような場面で利用するのが適しているのでしょうか。
キャッシングを上手に活用するためには、どのような場合に利用するのが適しているのかを押さえておくことが大切です。キャッシングを利用するのに適しているのは、すぐに現金が必要なときや、少額の利用を考えているときです。それぞれの場面でのポイントを見ていきましょう。

 

すぐに現金が必要なシチュエーション
キャッシングを利用する場面で最も多いのが、すぐに現金が必要な場合です。入院や旅行など急な出費がある場合、コンビニやキャッシュディスペンサーのATMを操作するだけで簡単にお金を借りられるキャッシングサービスは便利です。安定した収入があれば、一時的に借りても、次の給料日に返済できるので安心です。手持ちの現金が少ないときに、すぐにお金が必要な場合は、キャッシングサービスを上手に活用するとよいでしょう。

 

すぐにお金が必要でなくても、あらかじめカードを作っておくことで、いざという時に備えることができます。他社からの借り入れが少なかったり、安定した収入があれば、審査に通りやすい傾向があります。源泉徴収票や給与明細書などの必要書類を用意すればすぐに申し込めるので、手続きは難しくありません。キャッシングの契約は、時間に余裕のある時に検討すると良いでしょう。

 

必要な現金の額が少ない状況
キャッシングは、すぐにお金が必要だけど、一度に少額しか必要ない場合に適しています。キャッシングは金利が比較的高いため、長期間にわたって大きな金額を借りるのには向いていません。短期間だけ利用したり、一括で返済したりする場合には、より便利なサービスです。家電製品が壊れて買い替えが必要になった、友人の結婚式に招待されて出費がかさむなど、毎月の生活費をまかなえないケースもあります。そんな時、少額でもいいから急に現金が必要になった時に役立つのがキャッシングサービスです。

 

キャッシングの契約をすると、利用限度額の範囲内で好きなだけ借りることができます。毎月の生活状況によっては、少し多めにお金を借りないと生活が成り立たないこともあります。少額の利用であっても、きちんと返済を続けることで信用度がアップします。良好な返済実績を積むことで、利用限度額の増額や金利の優遇を受けられる可能性もあります。自分のライフスタイルに合わせて、カードローンを上手に活用することが大切です。

 

キャッシングが向いていないのはどんなとき?
すぐに現金が必要な場合や、借入額が少額の場合はキャッシングが適していますが、キャッシングが適さない状況もあります。まとまったお金が必要なときや、長期間の返済が見込まれるときは、キャッシングは不向きです。ここでは、キャッシングが適さない状況について紹介します。

 

必要な金額が大きい場合
一度にまとまったお金が必要な場面では、キャッシングは不向きです。基本的にキャッシングの利息は融資を受けた翌日から発生するため、融資期間が長くなればなるほど支払う利息も多くなります。そのため、必要な金額が大きくなればなるほど、返済にかかる時間も長くなり、キャッシングはあまり向いていないと言えるでしょう。まとまったお金を借りたい場合は、比較的低金利のカードローンを利用するのも一つの手です。実際にお金を借りる前に、金利を含めた返済シミュレーションを行い、最終的にどれくらいの返済額になるかを把握しておくことが大切です。

 

また、お金の管理が苦手だと感じている人は、キャッシングには向いていません。毎月の収入と支出のバランスをしっかり把握していないと、必要以上にお金を借りてしまい、返済が困難になる可能性があります。すでに他社から借入がある場合は、新たな借入を検討する前に、まずは返済を優先させましょう。

 

返済計画を長引かせる状況
キャッシングの返済を完了するまでに時間がかかると、支払うべき利息の総額が大きくなります。そのため、返済が長期に渡る場合はキャッシングは不向きです。たとえ金利が1%しか違わなくても、借入期間が長くなればなるほど返済の負担は重くなる傾向にあります。また、計画通りに返済できると思っていても、転職や結婚などでライフスタイルが変わることも少なくありません。転職によって年収が減少したり、結婚によって新しい家族が増えることで出費が増えたりすることもあります。

 

収入や支出がギリギリだと決めつけるのではなく、ある程度余裕を持った返済計画を立てておくと安心です。毎月の収入や支出が多少変化しても対応できるような無理のない返済計画を立てるようにしましょう。同じ金額を借りる場合でも、複数社から借りると金利負担が大きくなる傾向があります。複数社から借りていると、返済を忘れてしまうことがあります。キャッシングは総量規制によって年収の3分の1までと決められているので、複数社から借りても借入額が増えるわけではありません。

 

返済忘れを防ぐためには、1社のキャッシングサービスを繰り返し利用し、クレジットヒストリーを積むとよいでしょう。きちんと返済を続けていれば、利用限度額が増えたり、借入額によっては金利負担が軽減されたりする可能性もあります。いずれにしても、返済が長引くと自由に使えるお金が減ってしまうので、計画的な利用を検討してください。

 

キャッシングのメリット・デメリットを理解する
キャッシングとは、お金が必要な時にその日のうちにお金を借りることができるサービスです。日常生活の中で急にお金が必要になったときに利用することができます。しかし、キャッシングのメリットや注意点を理解した上で利用することが必要です。返済のシミュレーションを行い、毎月の返済額が無理のないものであるかどうかを確認することが大切です。